レックス君安らかに

10月12日に、彼女の実家の犬のシェルティのレックス君が亡くなりました。

15年くらい生きたみたいで、彼女の家族をよく長い間支えてくれたと思います。

実際俺は彼女の実家が静岡なので、遊びに行った時しかレックス君にはあえなかったですが、それでも悲しい。

おじいさん犬だから少しわからなくなり軽く噛まれたときもあり、遠くからしか見れなくなってしまいました。
だけど、可愛かった。
最初にお腹を触らせてくれて、あったかく優しさが伝わってきたのをよく覚えています。

動物だけど、火葬にして家族でレックス君を見送って運ばれて行く時に、みんな心からありがとうって言っていて、心からありがとうって言える生き方や関係はレックス君にとって彼女の家族にもらわれて幸せな人生だったのじゃないかと思います。

綺麗に骨になりでてきて骨壷に入れてお別れしました。

少ししか関われなかったけど、幸せを沢山もらいました。

俺もレックス君にありがとうと言いました。

生まれ変わりってあるのかはわからないけど、あるとしたら会いたいし、ないとしても、天国にみんな行った時にはまたお腹を撫でさせてほしいです。

いまソースケとハルを飼っているけど、恐らく俺よりはなくなるのは早いはず。

たくさんの愛をあげれるだけあげて、幸せに生きて、幸せに死んでほしい。

人の4倍近く歳をとるから4倍近く幸せにはしてあげないとね(^○^)

レックス!俺たちが逝くまで安らかに眠ってね。

またどっかで遊ぼう!(o^^o)